交通事故の慰謝料とは、事故によって負った精神的な損害に対して支払われるお金のことです。

よく誤解している人がいますが、「治療費」や「入院費」、仕事を休まざるを得なかったことによる「休業損害」などはこれに含まれず、別でもらうことになります。



「治療費」なども含まれると勘違いして、「1000万円払ってくれ」と主張しても認められないばかりか、本来もらえるはずのお金ももらえなくなることもあるので注意しましょう。

さて、精神的な損害に対する賠償なので、極端な話、あなたが「一億円の損害を被った」と思っているのであれば、「一億円」と主張することもできます。


しかし、主張することができることと、それが認められるかどうかは別です。
精神的な損害とはいえ、一定の算定基準と言うものがあります。

NAVERまとめ情報のことならお任せください。

交通事故の慰謝料の算定基準には、「自賠責基準」、「任意保険基準」、「裁判所基準」の3つがあります。

自賠責基準では、「実際の通院日数の2倍」もしくは「治療にかかった日数」に4200円をかけた金額になります。


この基準が一番低いので、少しでも支払う金額を減らしたい保険会社の担当者は、なにも言わなければこの自賠責基準で計算してくる場合が多いようです。

任意保険基準はもう少し高い金額がもらえます。

最後の裁判所基準が最も高い金額になるのですが、これは弁護士をつけて裁判をした場合にもらえるであろう金額なので、弁護士の力を借りずに個人で裁判所基準の金額をもらおうとしても原則として不可能です。

交通事故による慰謝料というのは、法律で決まった金額というものはなく、被害者であるあなたが納得できるかどうかということが大切になってきます。

幅広い分野の交通事故の慰謝料の情報サイトへお越しください。

個人で交渉しても任意保険基準以上の金額になることはないので、もしも納得できないなら、弁護士に相談をするようにしましょう。

Copyright (C) 2016 交通事故の慰謝料について示談の前に知っておくこと All Rights Reserved.